AX 海外旅行@海外旅行保険・防犯対策あれこれ:海外旅行は国内旅行より気軽@海外旅行カラム(海外旅行情報) 旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】
国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」

海外旅行@海外旅行保険・防犯対策あれこれ

海外旅行@海外 旅行 傷害 損害 保険


海外旅行に行く場合、海外旅行保険に入るか入らないかと迷うことがありますね。
海外保険の必要性や賢い入り方等を紹介します。
事前に、色々調べて保険会社の保障内容や特約事項を把握しておくと、結構安く保険を使うことができます。
役立ち情報をご覧下さい!



海外旅行の時にかける海外旅行保険は必要ですか?

そう思われる方の少なくないでしょう。私も最初はそう思っていました(^_^;
それは、旅行が何事もなく無事に帰って来ることを前提に考えての事で、何が起きるかわからない海外旅行なら本当は保険をかけておくべきでしょう。

海外で医者にかかることになれば、日本の保険がきかないから大変です!!
そのくらい必要かは一概に言えませんが、日本での個人負担が30%とすれば、保険がなければ単純に日本国内の4〜5倍くらい請求されることになりますね。
入院でもすれば…大変なお金がかかります。
この当たりの費用を補填してくれるのが旅行保険です。
また、盗難に遭遇した場合も、旅行保険が状況に応じた保障をしてくれます。



海外旅行保険はどんな時に使えるの?
一般的には

1.海外旅行中に起こった事故や病気での死亡時、遺族への補償。
2.海外旅行中に起こった事故や病気での医療費の補償。
3.海外旅行中に起こった紛失や盗難に対しての補償。
4.海外旅行中に他人に与えた損害に対しての補償。
5.海外旅行中に起こった事故や病気になった人への救援の補償。

これらは、内容で保険をかけておくと安心ですね。(o^
^o)
保険をかける際に、保険内容は自分で決めるので、最低上記5項目をクリアしたものにしたいですね〜。



●ツアーの旅行会社が入ってくれるのでは?


ツアー料金に保険料は入っていませんから注意してください。
何かあった場合、旅行会社も日本大使館もお金を立替なんてしてくれませんよ(^_^;
全て自己責任ですからね〜!それを肝に銘じておいてください。
ツアーの契約時に旅行会社から海外旅行保険を勧められると思いますが、その時に入っておくか、自分で探すかは自由です。



●どのくらいの保険に入れば安心?



海外旅行保険は、セットよりもバラで必要なものだけを選ぶといいと思いますよ。
例えば、クレジットカードに付帯している保険の不足分を補うという考え方もいいですね。
◆加入保険の目安としては(例:6日までの標準金額)
・死亡保険  例1000万円(事故:460円、病気:500円)ご自身で判断
これは必ず入ならないといけない保険です(^_^;。
・病気治療保険 最低200万円(570円)できれば500万円(1430円)
・事故治療保険 最低200万円(220円)できれば500万円(670円)
治療費は、できれば500万円をお勧めします。
場所によっては、医療費が高かったり、搬送が必要な場合があったりすると思わぬ高額な治療費になることがあります。日本ではないのです!
・携行品保険  20万円以上(500円)
ご自身の持ち物しだいですが、持ち物は時価計算ですから保険太りはないです(^_^;
・救援費用   500万円以上(270円)
・賠償保険   5000万円   (30円)

この中で最も大切なのは、「治療費用」です!!
国よって医療費が高いとか、医療レベルの低い地域であれば多額の搬送費用が発生することもあります。
事故、病気ともに帰国するまでは、保険が唯一の頼りです。
だから「治療費用」は十分に保障される保険に加入される方がよいでしょう。



◆無駄のない海外旅行保険の入り方

・セットの保険に入らず、必要な保健にバラで入る。
 加入保険の目安で記載した内容が基本です。

・クレジットカード付帯保険の不足部分を補う感覚で入る。
 クレジットカードの付帯保険はそれほど大きな保障ではありません。
 だから、いて保険に入る契約をしましょう!
 旅行会社で保険に入る予定の人は、事前にクレジットカードの付帯保険内容を確認しておいて、不足していると思うものをチェックして旅行会社に行きましょう!!
 もっとしっかりやるなら、保険会社ごとに旅行保険の保障内容や特約についてもあわせて比較検討しておくといいと思います。

・主保険の事故死亡や病気死亡保険は、ほとんど使うことはないですね…。


みなさん、早めに準備をして賢く海外旅行保険を活用しましょう!!


役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!



●関連情報!要チェック!!

・格安ツアーと旅行の種類と注意点
・パスポートとビザの違い?
・予防接種が必要?
・アメリカ旅行には、TSA付きスーツケース
・荷物、持って行くもの注意!
・所持金の目安、所持金はどのくらいがいい?
・食事・グルメの注意!
・防犯対策は大丈夫?

・用意しておくと安心。身に付ける防犯グッズ


海外旅行@海外旅行保険・防犯対策あれこれ

海外旅行@TSA付きスーツケース

海外旅行には絶対と言っていいほど必要なスーツケースですね。

私的には、重たかろうが扱いにくかろうが、ボストンバッグが好きなんですよね〜!!
ヨレヨレのボストンバッグで、普段着だったら金持ちの旅行者に見えないってのが一番なんですよね。…実際にビンボー旅行者なんですが…(´o`;
それに、安い!(o^ ^o)


●カジュアルな National Trend ボストンバッグ

シンプルデザイン・たっぷり収納
無駄を省いたシンプルなデザインで、たっぷりと収納できるボストンバッグです。
2本のベルトバックルにより、中身の量に合わせて本体の厚みを調節できます。
肩から提げて便利に使えるショルダーベルトつき。
旅行だけでなく、荷物の多い方の普段使いにもオススメです。



私のスーツケースの選び方で最重要視しているのが、キャスター(ケースに付いた車輪)の大きさと本体の軽さです。
いくらカッコよくたって、実際に引っ張る際にキャスターが小さいと小さな段差でも振られてしまいます。
飛行機の乗務員さんが持ってるスーツケースのキャスターは大きいでしょ?
スーツケースのつくりや中が便利とか言っても、似たようなものですから、キャスターの大きさと本体の重量が大きなポイントだと思いますよ〜(o^ ^o)


●【TSAロック搭載】【Travelpro】ポリカ配合ハードスーツケース

TSAロック」付きなんで、アメリカ旅行に行かれる方はにはいいと思いますよ。キャスターも大きいしね(o^ ^o)



●【TSAロック搭載】パスファインダー スーツケース

これは高いだけあっていいですね(o^ ^o)


注:TSA/The U.S. Transportation Security Administration』
米国連邦航空省運輸保安局:アメリカ旅行では、テロ対策としてスーツケースにロックをして預けてはいけません!ロックしてると鍵を壊されますよ(^_^;
TSAロックなら、アメリカ旅行で施錠したまま航空機に預けても問題有りません。
TSAから配属された職員が、特殊ツールで開錠して検査を行い、再び施錠してくれます。


ここからは、アメリカ行きをお考えの方には、
TSAロック」が必需品ですよ!

TSAスーツケースベルト



TSAスーツケースベルトも一緒に用意しましょう!


●『gita』/ソフトキャリーケース
リーズナブルなタイプのスーツケースですね。
本体も軽くて、大きなキャスター!それにカワイイですね(o^ ^o)




●エース プロテカ プレシーディオ

ジウジアローデザインの4輪のスーツケースですね。
4輪ってことは、置いたままの移動、引っ張っての移動ともにできるのがいいですね。



●ドイツ製タイタンX2 ハードキャリー

これは、軽くて、キャスターも大きくていいスーツケースかもね。



ここにあげたのはほんの一例です。
旅行時のトラブルや移動に苦労して、楽しい旅を台無しにしないように、スーツケースはよく選んで購入しましょう!!\(⌒∇⌒)/




海外旅行@海外旅行保険・防犯対策あれこれ

海外旅行@身に付ける防犯グッズ

海外旅行防犯対策ですね。お金やパスポートをショルダーバッグやスーツケースに入れないように!
って書きましたので、ついでに身に付けて守る方法をいくつか紹介しましょう!
私の個人的は考えでは、基本的に財布はいらない!と思っています。
引ったくり防止のヒモ等が付いていても、財布が立派なら中身が乏しくてもお金を持っているように見られて狙われる可能性が高くなるでしょ?(^_^;

それに、何でも入るポーチも、ガラクタがイッパイ詰まっていたら、何か金目のモノがあるように見えるから、何でも入る的なポーチもどうかなと…

ツアーで行けば、襲われるような事は少ないとは思いますが、注意に越したことはありませんね(o^ ^o)

ってことで、身に付ける防犯グッズです!


防犯グッズ@キャッシュベルトシングル
<抗菌防臭>フリーサイズ

男女兼用。伸縮自在のマジックベルトで圧迫感を感じさせません。
貴重品携帯具の草分けで改良に次ぐ改良で最も優れた商品です。



防犯グッズ@TRVネックパスポート

しなやかでソフトながら撥水機能を備えたユニチカ「タフレックス」と吸水速乾機能を持つ東レ「セオ・アルファ」を使用したアウターでもインナーでも使える首下げタイプのセキュリティ
パスポート等の収納に。

首掛け式って原始的に見えるけど、一番実用的かもしれませんね〜(o^ ^o)



防犯グッズ@インナーセキュリティー ベルトポーチ

服の下に隠して装着する貴重品入れです。

ズボンのベルトやベルト通しに取りつけられるタイプです。出し入れの頻度の高いものを収納するのに適しています。肌触りの良い、制菌加工生地を使用しました。表地は制菌と撥水加工を施した柔らかい生地、裏地は汗を吸収して蒸散するメッシュ生地です。
◆ ベルト通しのひも:ベルトをしている時にベルトに2本のひもを通してつけ、ズボンの内側にしまいます。
◆ スナップボタン付きひも:ベルトをしていない時、ズボンのベルト通しにスナップボタンのひもをはずしてつけ、ズボンの内側にしまいます。
◆ パスポートなどが入るファスナーポケットL。
◆ クレジットカードやカギ、現金を入れるのに便利なファスナーポケット




防犯グッズ@防犯グッズ@防犯アラーム・チャイム

本体が振動を検知約95dB/m強力なアラーム音が鳴ります。
こんなグッズを知らない外人の引ったくりには効果があるでしょうね〜(o^ ^o)


十分な防犯対策をして、おもいっきり旅を楽しみましょう!!



海外旅行@海外旅行保険・防犯対策あれこれ

海外旅行@防犯対策は大丈夫?

海外旅行で注意されるのが、荷物から目を離すな!
解ってる、解ってると思いながらも、ついつい荷物から目を離してしまいます。

ず〜と過ごしてきた毎日の習慣が、一言二言の注意じゃなおるわけないですよね〜(^_^;

私の妻も取られる寸前になりましたよ。
かなり注意していたつもりなのですが、つい回りのモノが気になった瞬間ですね…

なんにしても、できることはやっておいた方が後悔しなくてすみますよ〜!!
絶対に海外を甘く見ちゃいけませんね!

防犯グッズ@置引き防止ギアロック

旅行の際に置引き防止用にお勧めの鍵です。
ワイヤーを使い、荷物をまとめてつないだりしておくのに便利ですよ〜!



防犯グッズ@TSAスーツケースベルトが必需!

アメリカ路線(ハワイ・グアム・サイパン)の空港を、ビジネスにプライベートにとご利用されてる方は、多くいらっしゃることと思います。
あの9.11(同時多発テロ)以降、アメリカ空港内のセキュリティー対策は強化されています。
このテロ対策強化の為、預け荷物の施錠が禁止されており、X線の検査によって不審物と確認されてしまった場合は、TSA(アメリカ運輸保安局)の職員が施錠を破壊して、検査を行います。
(破壊による賠償は一切ありません!)
そこで必要とされ登場したのが、TSAロック搭載グッズです。
このTSA(アメリカ運輸保安局)が認可したTSAロックで「施錠した状態」で航空会社に預けることが可能で、X線の検査で検査が必要になった場合でも、TSAの職員がマスターキーで開錠し、検査後は施錠してくれます。
海外を旅慣れていらっしゃる方々は、TSAロックを既にご存知かとは思いますが、これからアメリカ方面に初めてご旅行される方には、特にオススメしたい旅行用品です。



防犯グッズ@セキュリティ ペチケットα

パスポートのような絶対になくしてはいけないモノは、バッグじゃなくて身に付けておかなくちゃいけませんね。
ホテルの部屋に置いておけば…って言うのも危ない場合も少なくありませんよ!
とにかく、取られると大変なことになりますから、注意!注意!
特に女性は、洋服にポケットが少ないので、身に付けるのが難しいですね。
薄手の女性用貴重品入れがあれば大丈夫ですよ!
スカート着用時などに邪魔にならず貴重品を身に付けられます。



防犯グッズ@秘密のポケット付きベルト

男性の方用には、ポケットが付いたベルトです!
1万円札なら縦に四つ折にして20枚以上入ります。
紙幣だけでなく、スペアキーや備忘録の保管にも便利。
フォーマルなどにも似合うレギュラータイプ(幅35mm)です。
ジーンズにも似合う幅広タイプ(幅40mm)もあります。

これならかなり安全ですね。
万一の時に、相手に渡すためのお金をポケットに少し入れておくのも大切ですよ。
私は、お金は左右後ろのポケットに分けて入れて、大きなお金は靴下に入れて靴をはいていましたがね…
おかげで、ボラレそうになった時、右のポケットからお金を出して、これだけしかない!と言って切り抜けたことがあります(^_^;


防犯グッズ@紙幣チェッカー付きボールペン

ボールペンとしても適度にずっしりして書きやすい重さで、
側面のスイッチを押すと近紫外線を含む青白い光を発します。
紫外線蛍光インクで印刷されたものなどを簡単に判別することができ、
米ドル、ユーロ、中国元など、世界の紙幣もチェックできます。
海外旅行時の 偽札チェックに最適。
偽札の多い地域においては、街中の商店で同種の製品が多数使用されています。
偽札と知らずに使用しても拘束される場合もありますので、
海外旅行時に偽札を受け取らない&使用しないように自己防衛の意味で重宝します。


昔、ハンガリーだったか、街の換金屋さんに行って1万円札を出したとき、お金のサンプルが印刷されている用紙で、おばさんが確認したんですね。
そして、「これは印刷と違うからダメ」と言いました。
えっ!?と思って印刷物を見ると1万円札の中央辺りに「見本」と書いてありました(^_^;
確かに、私の1万円札には「見本」と書いてなかった┐(-。ー;)┌
それで違う換金所に行ったことがあります…

海外旅行@海外旅行保険・防犯対策あれこれ

海外旅行@危険の感覚の違い…

海外旅行アメリカのロスアンゼルスの話。

ロスアンゼルスの郊外で日本人経営で部屋にはキッチンがある民宿のようなホテルに滞在した時。

夜知人が迎えにくるのでホテル前で待とうとすると「その人が来るまでロビーに居なさい」と言われた…
「そんなに危険なんですか?」と聞くと「そうですね」

それでこの件の会話が終わった(^_^;

危険度の理解をするには十分だったですね…

そんな小さなホテルでも、カウンターからドアのロックをコントロールしているのも驚きましたね。

ついでに、買い物で100ドル札は使うなと…
100ドルで殺人するヤツはいくらでもいるそうです(´Д`;)ガーン

アメリカに比べて、夜一人歩きできたヨーロッパはかなり安全なのかも知れませんね(o^ ^o)

海外旅行はその国の事情を事前に調べておくのも大切ですよ!!

国の事情って、観光地のチェック意味じゃないのは、わかっていただいてますよね(o^ ^o)

全国リゾートバイト情報 寮・食無料なのでリゾート気分で貯金ができる。

あなたの出費が激減します。寮・食無料のリゾートバイト情報


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。