AX 海外旅行@外国旅行の出国の流れ:海外旅行は国内旅行より気軽@海外旅行カラム(海外旅行情報) 旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】
国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」

海外旅行@外国旅行の出国の流れ

海外旅行@出国手続きの流れ

ツアーの集合から搭乗まで!

ツアーの集合は、ほとんどの場合出発空港になります。

出発空港は、年末年始やゴールデンウィークなどは出国者が多く混雑しますので、集合場所を確認してから、コーヒーをゆっくり飲むとか、空港内のお店に寄ってみるくらいの時間的余裕がほしいですね。

空港のお店は、海外旅行に役立つ小物を販売しているので、見るだけでも楽しいものですよ〜!!(o^ ^o)

1.集合する

ツアーの集合は、指定された場所に通常出発時刻の2時間前が普通です。
個人旅行の場合も、航空券を受け取る場合には指定のカウンターに行きます。


2.チェックイン(搭乗手続き)

搭乗手続きは、航空会社によって異なりますが、およそ出発2時間前から行います。
ツアーの場合は、添乗員や係員が代行してくれるので心配はありません。
個人旅行等の場合は、利用航空会社のカウンターで搭乗手続きをして搭乗券(ボーディングパス)を受け取ります。


3.税関

出国時は、ほとんどチェックされることはありませんが、高価な輸入品の持ち出しがある場合は申告しておきましょう!


4.出国審査

審査官にパスポート、搭乗券、出国カード(空港にもあります)を提示します。
パスポートに出国スタンプをもらうくらいで、特になにもなく通過できるでしょう。


5.搭乗

搭乗時間を確認して、搭乗ゲートの待合室で待機しましょう。
搭乗時刻になったら搭乗券(ボーディングパス)を見せて搭乗です。



およそ出国までの流れはこんなものです。
ツアーの方は、係員から指示がでると思いますので、その指示に従ってください。
また、同じツアーの方で馴れている方がいらっしゃれば、一緒に行動すると安心ですね。

ハワイ旅行専門店「ファーストワイズ」



役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!

海外旅行@外国旅行の出国の流れ

海外旅行@高価な外国製品の持ち出しは税関で申告

●高価な外国製品の持ち出しは申告を!

外国製の時計や宝石、貴金属など高価な外国製品を持って出国する場合のみ、税関での申告が必要です。

申告するものがない人は、特に何もする必要もありません。

申告するものがある方人は、外国製品の持ち出し届」で申請してください。

・申告用紙に記入
申告用紙に製品の特徴や銘柄、個数等の必要事項を明記します。

・現物と一緒に提出
申告用紙と一緒に現物を添えて係官に提出します。

・申告用紙は大切に保管
申告用紙は、少なくとも帰国時までは保管しておきます。

外国製品の持ち出し届」にスタンプをもらったら、帰国時まで大切に保管しておきましょう!紛失したり、申告を忘れたりすると、海外で購入したものとみなされ、課税されることもありますので注意が必要です!

詳しく知りたい方は、税関のホームページで確認しておきましょう!


24時間日本語フリーダイヤル対応海外旅行保険



役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!


海外旅行@外国旅行の出国の流れ

海外旅行@空港にある施設の利用



空港施設は便利です!

空港の出発ロビーには、搭乗手続きを行うチェックイン・カウンターが航空会社ごとに並んでいます。

パスポートや国際運転免許証等はもちろんありませんが、ちょっとした旅行に必要なモノを売っていたり両替もできます。
電気製品の変圧器等も販売しているので、準備し忘れたモノを揃えることができます。

最終チェックしたり、店の中を歩いていると思わぬ便利グッズを見つけることができるかも知れませんよ。

旅行障害保険にも入ることができますが、できれば事前に無駄のない旅行障害保険に入っておく方がいいですね。

最終チェックもできるので、集合時間に余裕をもって空港に到着することをお勧めします。

その他、空港によって施設内容は異なりますが、
・レストラン             ・売店
・両替所               ・キャッシュコーナー
・郵便局               ・荷物一時預かり所
・荷物宅配サービス          ・旅行障害保険カウンター
・FAXやOA機器の使用できるセンター   ・クリニック
・美容や理容             ・国際電話カウンター


●出国審査後に利用できる施設

・免税店(ここで沢山買うと荷物が増えますから、免税ですが注意ですね(^_^;)
・休憩できる施設
・子供さんが遊べる施設

これらの施設は、空港によって異なりますから、利用する空港の情報を得ておきましょう!

利用する空港のアクセスや施設内容は、ホームページで確認しておくと何かと安心ですよ!!

●日本の国際空港(第一種空港

・成田国際空港
・関西国際空港
・大阪国際空港(伊丹空港)
・中部国際空港 セントレア


国際定期便が就航するその他の日本の空港

国際線就航先が限られている空港ですから、施設も第一種空港とはなかり違いますから事前に確認しておきましょう!

・新千歳空港     ・旭川空港
・函館空港       ・青森空港
・秋田空港       ・仙台空港
・福島空港       ・新潟空港
・富山空港       ・小松空港
・米子空港       ・岡山空港
・広島空港       ・高松空港
・松山空港       ・新北九州空港
・福岡空港       ・長崎空港
・大分空港       ・熊本空港
・宮崎空港       ・鹿児島空港
・那覇空港

============================
【変圧器】RWトランスフォーマ100 RW41 世界対応

・薄型なのに大容量
他社にない独自技術により、厚さ27mmの超薄型を実現
・携行便利なコード収納式
収納式なので、邪魔になりがちな電源コードがしっかりまとまります。
・全世界対応
110V〜130V、220V〜240Vまで対応しているので、日本の電気製品を世界中どこに持って行っても使えます。
============================

役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!


海外旅行@外国旅行の出国の流れ

海外旅行@手荷物検査の注意事項


手荷物検査の注意事項!
手荷物検査は、ハイジャックやテロ防止のために厳しくなっています。

・液体物持込制限@国際線の液体物持込制限航空機内の導入について

・アメリカ旅行ではTSA付きスーツケース

・荷物、持って行くもの

手荷物の準備は、これらの当たりのチェックを考慮して、機内持ち込み荷物と受託手荷物の振り分けをして準備をしておきましょう!

手荷物検査では、荷物のX線チェックとボディチェックがあります。
金属探知機でブザーが鳴らなければOKです。

金属探知機に反応するものとして

アクセサリー、カギ等がありますので金属類は外しましょう!

万能ナイフ等は、危険物として没収されることもあるので、手荷物の中には入れておかないようにしましょう!

フィルムについては、通常感光することはありませんが、高感度フィルムだけはX線を通さずに確認してもらうか、感光防止袋に入れておきましょう!


トラベルメディアのお得な旅行情報


役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。