AX 海外旅行@外国旅行には英会話!:海外旅行は国内旅行より気軽@海外旅行カラム(海外旅行情報) 旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】
国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」

海外旅行@外国旅行には英会話!

英会話@聞き流すだけの『スピードラーニング』

海外旅行には、英会話が必需品筆頭になってますね。
話せる、話せないで楽しみが天地ほど違います!
さて、英会話コツコツとやりましょう!!(^^)v

聞き流すだけの英会話教材『スピードラーニング

学生時代に英語の勉強はしたのだけれど、英語が話せない…と実感している日本人は多いと思います。英語は主要5教科のひとつで、重要な受験科目としてとらえられてきたので、「英語は難しい」というイメージがあるのでしょう。
英語に対する壁をすべて取り除き、英語をマスターできるのが、聞き流すだけの英会話教材『スピードラーニング』です。
今までにない、やさしくを自然に英語を身につけられる画期的な教材です。


◆聞き流すだけ

『スピードラーニング』の最大の特長は、ただ聞くだけで英語が身につけられるところです。
従来の学習法は机に向かって暗記したり、文法を重視しながら学習することに集中してきましたが、英語を話せるようになるためには、まず聞き取れるようになることが大切です。
『スピードラーニング』は気楽に聞き続けられるように工夫しています。
     ↓
     ↓
     ↓
◆BGMにはクラシック音楽

リラックス状態でCD(テープ)を聞くことができるように、BGMにはクラシック音楽を使用しています。
バロック音楽などのゆるやかな旋律には『スピードラーニング』の英語を吸収する際に必要な学習効果を高めるリラックス効果や、脳波のアルファ波を増長させる効果があります。
     ↓
     ↓
     ↓
◆基本はナチュラルスピード

外国人と話してみて感じることは、日常で使っている英語はとても速いということです。ゆっくりとした英語に慣れてしまうと、実際に外国人と話したときに戸惑いを感じてしまいます。
ですから、初めからナチュラルスピードに慣れることが大切です。
実践的な英語を身につけていただくために、『スピードラーニング』にはナチュラルスピードの会話を録音しています。
     ↓
     ↓
     ↓
英語の後に日本語訳

『スピードラーニング』が英語→日本語の順に構成されていることには、大切な理由があります。
第一は、英語を聞いてすぐに頭の中でイメージが描けるようにということ。
第二の理由は、日本語が先に聞こえると次の英語を聞かずに、自分の頭の中で日本語→英語の翻訳を始めてしまうので、これを防ぐことです。
     ↓
     ↓
     ↓
◆毎月新しい教材をお届け

『スピードラーニング』は1ヵ月ごとに新しい内容の教材をお届けするシステムです。
     ↓
     ↓
     ↓
English Only CD付き

CDパッケージにはEnglish-Japanese CD と、英語だけを収録したEnglish Only CD が各々1枚ずつ入っています。まずはEnglish-Japanese CD から聞き始めてください。日本語訳がついているので、辞書を引かなくても単語の意味を気にせず自然にストーリーを楽しむことができます。


英語だけじゃなくて、中国語韓国語もOK!
↓詳しい内容は、ビデオでも確認できるので、チェックしてみてください!






役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

海外旅行@外国旅行には英会話!

英会話@最速12時間で英語耳獲得!

海外旅行には、英会話が必需品筆頭になってますね。
話せる、話せないで楽しみが天地ほど違います!
さて、英会話コツコツとやりましょう!!(^^)v

英会話の課題はヒアリング!

英会話、文字で見るとなんとなく理解できるけど、会話で聞くと何を言っているのか全く聞き取れないってありますよね。
ちゃんと聞き取れれば、およそ何を言っているかわかるはずです!
英語耳とは、聞き取る習慣の音を聞き分けることなんです!!(^^)v


◆ナゼ聞き取れないのか!!

英語と日本語では使用される周波数帯域が大幅に異なるからです。

日本人は500〜1000ヘルツ前後の音(主に母音)に対しては敏感に反応します。
しかし、英語には、日本人には認知されにくい2000ヘルツ以上、場合によっては1万ヘルツ以上の音が含まれているので、そのあたりの周波数帯の音(子音)に対しては、なかなか敏感に反応ができません。
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
さらに詳しく言えば、日本語では常に子音と母音が対になって、音を構成しており、子音は弱く曖昧に発音されるのに対し、母音が強く長く発音されます。

そのため、日本人には母音ばかり選んで聞き取る癖があり、子音が聞こえにくいのです。つまり、日本人にとって高周波の音(子音)は、あまり使われない領域なので、実際に耳に入ってきても、無意識のうちに耳(正確には脳)が勝手に排除してしまっているのです。
だから、「日本人には聞こえない音がある」あるいは、「聴こえているはずなのに、認識できていない音がある」、と言えるわけです。
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
さらに恐ろしいことに、我々は、英語を聞く時も、子音の後には必ず母音がくっついてくる、と無意識に予測(日本語的予測)してしまいます。

そして子音だけで終わっている音の終わりに、本来無いはずの母音を加え、英語本来の音を全く別の音に置き換えてしまいます。
それによって英語のリズムも把握できなくなってしまうのです。
ですから、日本人特有の音の聞き取りのクセ(周波数の問題、日本語的予測)を治さない限り、いくら英語を聞いてもなかなか上達しません。
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
「単語も文法も覚えた、リスニングもトレーニングしているのに、いつまでたっても聞き取れない」という方々が多数いらっしゃいます。

それもそのはず、上記のような「日本語耳」のままでリスニングの練習をしても、ゆがんだメガネでモノを見ているのと同じで、なかなか上達しません。

聴覚をリセットしてやる必要があるのです。語学習得の天才と言われる子供の耳(入ってきた音をそのまま捉える耳)にしてやる必要があるのです。

これらの問題をたった12日間で解決し、英語耳をつくるのがこの、
科学的聴覚トレーニングシステム、マジック・リスニング
なのです。



●日本人には聞こえない音がある!

・ 楽天市場2000年ベストヒットアイテム賞第1位受賞
・ 楽天市場2001 年ショップ・オブ・ザ・イヤー部門賞
・ リクルート社ビジネスコンテストでハイテク部門賞受賞
・ アントレの誌上プレゼンで最高レベルの5ッ星を獲得


実績豊富な科学的聴覚トレーニングシステム、マジック・リスニング


ヒアリングに悩んでいる方ぜひ寄ってみてください。
目の前がパァーと開けますよ!!









banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。