AX 海外旅行@外国旅行の準備豆知識:海外旅行は国内旅行より気軽@海外旅行カラム(海外旅行情報) 旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】
国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」

海外旅行@外国旅行の準備豆知識

海外旅行@格安ツアーと旅行の種類

海外旅行にはいくつかの種類があります。
また格安ツアー格安チケット等を選ぶ場合に知っておかなきゃいけないことを紹介しますね!

海外旅行を検討される場合に読んでもらってソンはないですよ!!\(⌒∇⌒)/
 

パッケージ・ツアー

旅行会社が全て用意してくれたプランに乗っかるだけで良いっていう、とっても気軽な旅行ですね(o^ ^o)

参加者の皆さんと団体行動しなければならないですが、価格が割安、現地での案内はすべてお任せですから、始めての海外旅行にはこれがいいですね(^^)v

そして、世界には個人では見学不可というスポットに入れるようなメリットもあるようですよ!!
ただ、一応のことは知っておきましょう!!

◆パッケージ旅行購入の注意点

・「最少催行人員」が設定されている場合に、ツアーがとりやめになるケースがある。

・相部屋になる可能性がある。(部屋割りはよく確認しましょう!)

ツアーの価格は出発日によって異なっています。時期によっては倍半分ってこともありますから、上手く予定を組んでくださいね!

後から後悔しないように注意、注意!

 
格安ツアー激安ツアー選ぶ場合の確認事項

格安ツアー激安ツアーは、やっぱり安くなっているには色々理由があるはず!
金額の差でどのように違うか知っておきましょう!

・平日等客足が落ちる出発日が中心ですが、予定があえば問題ないですね(o^ ^o)

・添乗員つかない空港からホテルへは各自でということもあります。

・ホテルもランクが低いのが中心になることが多いってことも知っててください。

・ホテルは選べないと思いますよ。(料金アップで選べるかも…)

・土産物屋などでのショッピング・タイムが何度か設定されていることがあります。


これらのように、安いツアーには安い理由がありますので、よく確認しましょう!

もしかすると、せっかくの海外旅行だから、金額の差と内容をよく確認し、場合によってはケチらずにランクアップした方がいいかもです(o^ ^o)

 
格安航空券

よく聞き、よく見る格安航空券を選ぶ場合の注意点。

格安航空券の短所と言えば、時間、キャンセル料金、マイレージなどで制限されることが多いことですかね。

ただ、パッケージツアー等を利用する場合は関係ないですけどね(o^ ^o)


●自由旅行

飛行機とホテルだけ押さえて、あとは現地で自由に行動する旅行形態を言いますね。

私は、このパターンが多いのですが、ツアーが沢山ある国なら格安チケットが結構あります。

特に、ハワイやグァムのように日本語がある程度使えたり、何度か海外旅行に行った経験がある方なら、地元の生活が垣間見られるので、観光地めぐりでは味わえない地域密着型の旅行ができますよ。

ただし、食事も移動も自分でやらなくちゃいけないので、せめて英語が堪能な友人等と行くとより安心ですね(o^ ^o)


●オーダーメイド旅行

自分で思う旅行を計画して、旅行会社に旅行プランの作成と、そのプランに従ったチケット類を一式手配してもらう、かなり海外旅行馴れした方か、行った先に知人が居る場合とかの旅行ですね。

自分の思い通りに動けるから、自由の旅にようですが行った先で自分自身で何もかもしなくてはいけない事を忘れないようにね!

経費的にも自分でなんだかんだするよりも、旅行会社を通した方が、安く、時間の無駄もないですよ。
 

●旅行会社について

旅行会社はどこがいい??

旅行会社は、自分の都合のいい会社を選びましょう!

海外旅行パッケージツアーは、JTBのような第1種の会社しか主催できないので、地方の旅行会社もそこのツアーを扱っています。

だから、
同じツアーを扱っている会社ならどこでも同じサービスを受けることができる

ので、旅行会社選びは、対応がいいとか、自分の目的のツアーを扱っているとかで決めればいいでしょうね(o^ ^o)

ネットでの購入も流行っていますが、ネットで販売している会社も認可を受けた会社ですから、ネットで買っても問題ないですね〜(o^ ^o)

役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!

・海外旅行の情報はANAで!
ANA SKY WEB

海外旅行@外国旅行の準備豆知識

海外旅行@パスポートとビザ

パスポート持ってますか?

海外旅行へ行くには必ずパスポートが必要です。

また国によってはビザが必要なところもあります。

パスポートは世界で通用する唯一の「身分証明書」で、海外ではいつでも提示できるようにしておかねばなりません。

子供や赤ちゃんでもそれぞれ必要ですから注意しましょう!

パスポートは、出入国の審査の時ばかりでなく、国際線の搭乗やトラベラーズ・チェックを使うときも必要になりますよ〜!

申請から受領まで1週間くらいかかるので、持っていない人は早めに取っておきましょう!


パスポートの種類

パスポートは、役所の用語では「旅券」と言い私たちが申請するのは「一般旅券」です。

有効期間は2種類があります。

・5年(表紙は黒)

・10年(表紙は赤)

20歳以上なら、この2種類のいずれかが選べます。
20歳未満では、5年有効のものだけ。


パスポートの申請方法

パスポートは申請してから受領まで1週間前後はかかります。
また申請時に持っていく書類もそろえなければなりません。

結構な手数料も取られます。
出発日に間に合うように、早めに準備しましょう。

なお、受け付けてくれる窓口は、申請者の「住民票」のある都道府県になります。

申請に必要な書類等がありますので、無駄足にならないように、詳しく載っている

外務省のホームページパスポート担当窓口一覧表

で確認してからいきましょう!

注意としては、1都道府県で数箇所しかないので、その場所を確認して離れたところに住んでいる方は計画的に申請しましょう!
少しずつ増えてはいるようなので、確認してくださいね。

パスポートが間に合わなきゃ、計画や予約の全てがパーですよ( ̄∀ ̄;)汗


ビザ

ビザは、役所の用語では「査証」と言います。

基本的にはビザを受けてはじめて入国可能になるのですが、日本と友好関係にある国の多くはビザ交付の免除を行っています。

だから以下ビザが必要な国にいく場合の話になります。

パスポート」が日本国が認めた身分証明書なら、「ビザ」は訪問先の国が事前に申請者の入国を承認した証になります。

ビザを受けるには、訪問したい国の大使館や領事館に、パスポートはじめ指定された必要書類を提出して審査を受けます。

審査にパスするとパスポートの査証欄にスタンプかシールがもらえて、ビザが交付されたことになります。

その国の大使館が交付したものですから、平時の観光目的で善良な日本人であれば入国は大丈夫でしょう。
ただ、その国の事情によっては入国審査で入国を拒否されることもあることは知っておきましょう!

ビザの交付は事前審査をパスしただけであって、確実に入国できる保証はありません。注意、注意!


なお、ビザは目的によって
・観光ビザ
・就労ビザ
・ワーキング・ホリデー
等ありますが、短期の観光なら観光ビザでOKですね(^^)v

ハワイ旅行専門店「ファーストワイズ」


役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!

海外旅行@外国旅行の準備豆知識

海外旅行@予防接種

海外旅行の行き先によっては、予防接種をしなければ入出国できなかったりします!注意、注意!

外国は、日本のように伝染病に関して安全ではありません。

一般的に欧米の先進国では予防接種は必要ありませんが、旅行を予定している国では予防接種が必要かどうかは確認してくださいね。

・主な対象ワクチンは次のようなものです。

破傷風、A型肝炎、狂犬病、日本脳炎、B型肝炎、ポリオ、黄熱、コレラ、ジフテリア、麻疹

日本では、聞いたこともないような名前もありますね(^_^;

ワクチン接種も2〜3回に分けて行う必要がある場合もあるので、早めに確認して受けていきましょう!旅行ができなくなることもありますよ!

詳しくは、厚生労働省で確認してくださいね!


海外渡航者のための感染症情報


ハワイ旅行専門店「ファーストワイズ」


役に立ったと思われたら↓クリックよろしくですm(_ _)m
banner_03.gif <ブログランキングに参加しています!


海外旅行@外国旅行の準備豆知識

海外旅行@所持金の目安、所持金はどのくらいがいい?

海外旅行には、お小遣い等のお金がいりますよね〜!

海外旅行で持ち出せる金額

出国する時に現金やトラベラーズ・チェックの合計額が100万円を越える場合は、税関で申告書を提出しないといけません。

もし出国前に外貨に両替していても、日本円換算で計算されることを一応知っておいてください。
私には、縁のない金額ですが(^_^;

ただ、クレジットカードは現金枠に含まれません。


●所持金の考え方

さて、現実的に考えて、パッケージ旅行のように、旅行本体の費用はすでに支払い済み場合は、
・集合地までの往復の交通費、お土産代、フリータイムに使う交通費や観光地の入場料、飲食代を中心に考えればOK!

プラスとしては、
万が一現地で医者にかかるようなことのために日本円で2〜3万円程度の余裕は持っていると安心です。

目的の買い物があるならそれなりのお金が必要ですが基本的には、
あまり大金を持っていくのは危険です。

また、持っているよってわかると本当に危険ですよ!

個人で手配する旅行ならば、手配していない交通費や宿泊費、食事代、その他発生するすべての費用をまかなうだけのお金をもっていかねばなりませんね。


●外貨に両替

日本の通貨と外国の通貨と交換するのが「両替」です。
銀行だけでなく、空港にも両替窓口があり、ホテルでもやってくれます。現地には両替商もあったりします。

両替は、日の為替レートに従って計算し、プラス手数料が取られます。
ところがこれがきちんとしたとりきめがなくて、手数料はまちまちです。

一般的に手数料が高いと言われている順

1.ホテル   高い
2.空港の窓口  ↓
3.銀行     ↓
4.両替商   安い

両替のタイミングを外さないようにしましょう!必要な時にお金がないってことになりますからね(^_^;
かといって、イッパイ両替して帰りに残ると円に替える時にまた手数料を取られるのでこれも注意です。

両替も計画的にね!

 
トラベラーズ・チェック

旅行者用の小切手で、銀行や郵便局、旅行代理店などで発行してくれます。
様々な金種を取り混ぜて一冊にして渡されますね。

札と同様に使えますが、小切手なのでサインが必要です。
一枚ごとに裏に2ヶ所のサインの欄があり、発行時に一方にサインをしておいて、使うときに店員の目の前でサインをして本人であることを証明します。
このときにパスポートの提示を求められ、そのサインと一致するか確認されることがありますので、サインはパスポートと同じにしておくといいでしょう。
お釣りは現金でもらうことができます。

日本人は、サインになれてないので、サインの字が違うと言われないように、また、真似されないように、

サインは使い慣れた漢字の名前がいいと思いますよ!

小さいお店では、使えないこともありますが、盗難なんかを考えると大きなお金を持ち歩くより随分安全です!

 
クレジット・カード

クレジット・カードは、現金を持ち歩かなくてもいいので安心ですね。
カードが使えるところはすべてカードを使うってのもいいんじゃないですかね。

ただ、店によって使えないカードもあるので注意です。
発展途上国や、先進国でも都市部を離れたりすると、カードを使えるところも少なくなるので、やはり現金やトラベラーズ・チェックも必要ですね。


●その他、↓こんなのもチェックね!(^^)v

格安ツアーと旅行の種類

パスポートとビザ

荷物、持って行くもの

予防接種

食とグルメ



●その他、↓こんなのもチェックね!(^^)v

格安ツアーと旅行の種類

パスポートとビザ

荷物、持って行くもの

予防接種

食とグルメ

海外旅行@外国旅行の準備豆知識

海外旅行@食事・グルメ

海外旅行の楽しみとして名物料理を味わう、グルメツアーは大きなポイントですね(o^ ^o)

名物料理が美味しいものだと思っているとショックを受けますよ!

海外旅行の名物料理は、

話のネタ程度の気持ちで挑戦しましょう。


美味しければOK!

美味しくなくても話のネタ!


くらいの気持ちなら、十分に楽しめるでしょう!


パッケージ旅行だったら、ホテルや名物料理のお店で美味しい食べ物がゲットできるでしょうね。
自由時間があれば地元のお店に挑戦してみても楽しいですよ。
マップで調べたり、ホテルのフロント等で聞いて行くのもいいでしょう。

ただ、メニューに何が書いてあるかわからないので、多少現地語のスペルを覚えていくか、日本語が通じるお店を選ぶといいですよ。

グルメな方は、どんどん名物料理地元料理に挑戦されると良いと思いますが、もし口に合わないと思われたら迷わずファーストフードの店をお選びくださいな。
マグドナルドは、結構色々な国で食べましたが、味は日本で食べるのと同じなので、食に困った場合には助かりますよ〜(^^)v

アメリカでは、日本では見ないファーストフードもありますが、ポテトが沢山あってハンバーガーも大きいし、コーラは飲み放題!
その上リーズナブルって感じで節約旅行にはもってこいです。

国によっては、露天のお店もたくさんありますが、衛生面で安心できないところがあるので注意が必要ですね。
特に先進国以外では、日本のように衛生的じゃないので注意、注意!


●水のたのみ方

レストランに入って「ワラ」(water)と言うと、「ミネラルウォータ」(有料)が出てくることがありますので、無料の水がほしい場合は「水道水」(tap water)と言ってみましょう!

注:海外旅行では水にあたらないように「ミネラルウォータ」を飲むことをお勧めします。



●旅の思い出つくりの秘話!

食事にほとんど関係ない話ですが、ヨーロッパで街のビアホールに行った時、沢山のビールメーカーがあって、結構陶器の灰皿を見せに配っているようでその灰皿をもらいまくった経験があります(^_^;

日本人が珍しかったのか、灰皿をほしがるヤツが珍しかったのか知りませんが、「この灰皿はとても綺麗ですね、一つ私にいただけませんか?」(もちろん英語で言いますが、私の使った英語が正しいかどうか不明なので書きません(^_^;)と聞けば、結構気軽にくれますよ!
部屋に飾ってもいい感じの灰皿ですよ〜!

旅の恥は掻き捨てはいけませんが、現地の方とのコミュニケーションを取るようにすると旅がいっそう楽しくなりますよ(o^ ^o)



●その他、↓こんなのもチェックね!(^^)v

格安ツアーと旅行の種類

パスポートとビザ

荷物、持って行くもの

予防接種

所持金の目安、所持金はどのくらいがいい?




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。